2014年07月15日

ほんのひととき7月号

相生らじおをお聞きのみなさま
ほんのひととき7月号をお届けいたします。

今回の特集は、2階をリニューアルした相生市立歴史民俗資料館です。
昨年1階を大幅にリニューアルした資料館、訪れた方もいらっしゃるでしょう。
1階では、特別展「わがふるさと1960年代の相生U」が開催されています。

これまで特別展の時だけ使っていた2階の部屋に「郷土の偉人コーナー」が新設されました。
相生ゆかりの文化人の佐多稲子、水守亀之助、浦山貢、浦山桐郎、福田眉仙を取り上げています。

ではどうぞお聞きください。



歴史資料館
歴史民俗資料館です。図書館の隣にあります。

1406-staff3

1406-staff4
収録前、メンバーで展示を見学しました。

今回のおススメ本は、相生いきいきネット発行 棚橋純子著 「ふるさと相生つれづれ草」です。

ふるさと相生つれづれ草.png

平成15年まで、歴史民俗資料館は「資料館だより」を定期的に発行していました。
この本は資料館だよりの中の棚橋さんが書かれた文章を集めたものです。
内容は、地名の言われ、昔話、地区の歴史などで、写真も添えられています。
図書館の郷土資料のコーナーにありますのでどうぞご覧ください。
また1800円で販売もしています。ご希望の方は相生らじおまでメールくだされば改めてご連絡いたします。

1406-staff1

1406-staff2

ディレクター:Hanako
収録・編集:出口








posted by 六助 at 23:27| Comment(0) | ほんのひととき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。